So-net無料ブログ作成

暮れる暮れ [お料理Cafe Nicolas Gardenふう]

0-0.jpg

羽田から離陸する飛行機がムシみたいに見える、暮れの暮れかけた空。

 



【恒例、盆と暮れのイベント】

都内へ行くのは、

先月羽田への行き帰り以来なので、自分にしてはかなりの頻度。

 

0-0c.jpg

国際展示場に荷物と出稼ぎ人+お手伝いを下し、左にしか曲がれなかったので、お台場方面へ。

 

0-0a.jpg

レインボーブリッジ、なんだか車が少ない。

 

0-0b.jpg

首都高も東北道も、行きも帰りも、意外なほど空いてました。

おかげさまで、スイスイ帰宅。

 

 

 



【アナゴさんとイクラちゃん】

「アナゴさん」は、

お店の「開き名人」に造っていただきました。

0-1.jpg 0-1a.jpg

ピッカピカの美味しそうな身。        一本をいくつかに切り分けて、熱湯をかけて湯引きして臭みを取ります。

あとは分量の調味料を入れた煮汁を沸騰させたのち、弱火から中火で40~50分煮るだけ。

 

 

0-1b.jpg 0-1c.jpg

落し蓋、ちょうどいいのが無かったのでオーブンペーパーを切って使いました。 早速バーナーで炙ってお寿司に!

 

コトコト煮て、ほろほろになったところで身は取り出し、

煮汁は半量以下に煮詰めて、タレ(ツメ)を作ります。

食べるときにささっと掛けて頂きます。

 

レシピはいろいろあるようなのですが、念のためいろいろ調べていたら、

お寿司屋さんの作り方だというサイトで、

「骨と頭は捨てずにダシを取るために使います。」とあり、

シマッタ!骨と頭も捨てないで入れてくださいって言えばヨカッタよぉー(後の祭り)

って小さく騒ぎました。

ていうか、もしかして骨と頭だけあればあのツメつくれるんじゃー?

ツメだけご飯にかけてもイイ!

って人にはコレ、朗報じゃーありませんか!!

んー・・・そんな人いないか?((ΘωΘ )でも、つくねのタレにも良さそう~

 

 

 

 そして、いくらの醤油漬け。

0-1d.jpg 0-1e.jpg

年々イクラが品薄で値段が高くなっている様子。80gで800円、でも安いとか。

この生いくらは400g弱で2500円ほどでした。

 

ほぐして漬け汁に漬けるだけの超簡単な仕込みながら、久しぶり。

ぬるま湯に入れてほぐす際に、筋が結構残るのでココだけ頑張る。

 

翌日には市販品のようなシュンとしたモノではなく、ぷりっぷりで美味しい仕上がり!

お正月手巻き寿司用、それとミニいくら丼。

それまでに食べてしまわないようにしないと。

明日もまだ黒豆とかお煮しめとか豚肉カタマリとか、あれこれ煮ます。

暮れそうで、まだまだ終わらない2015年。(*-ω-)

 

 

パリのタビ記録もまだまだ終わらないうちに年末。

それどころか、その前に行ったフランス旅行の記録も実は全部整理してない始末。

 

とりあえず、

本年もお世話になりました。

来年もよろすく、良いお年を!(≧ω≦)ノシ


nice!(101) 

nice! 101