So-net無料ブログ作成
検索選択

バニラスカイとアノニマス [ひとりごと]

---.jpg

ウチのベランダで撮った晩秋の夕暮れ。映画「バニラスカイ」の最後のシーンで出てくる空みたいな色。

 

 


 

 

【夢】

1月2日の朝みる夢が「初夢」。

何でも、大晦日から元日は夜更かしするからだとか。

いや、そんなに大晦日に夜更かししなかったですが、2日でいいのかな。

 

「叶姉妹の別荘に何故かお呼ばれされてて、ピンクのドデカイケーキを配達に来た人が忘れ物をしてしまい、

 気が付かずに高速で帰っちゃったのか、始終心配してる夢」を、みました。

 

うーん、

正月早々疲れが溜まってるんでしょうか?!(*‐ω-)

 

 

 

 

 

夢と言えば、思い出す映画がダントツで一本。

2001年公開の映画「バニラ・スカイ」。

 

原作はスペインの映画「オープン・ユア・アイズ」です。

トム・クルーズ扮するイケメン実業家と、恋人役のキャメロン・ディアス。

エキゾチックな美人役のペネロペ・クルスの三角関係を軸に物語が進行するのですが、

自動車事故でイケメンだった彼の顔が歪んでしまい、将来の治療ができるようにコールドスリープすることに。

それで、夢なのか現実なのかが分からないという話なんですが、

夢と現実が区別つかなくなってしまうのは観てるほうでした。

 

 

アクション系のいつものトムクルーズとは一味違った役。

空撮のセントラルパーク。

公園を望む、もしかしてペントハウスの一室?に眠るトム扮するディビット。

身支度をしてマックロのフェラーリで出かけるけど、

妙にがらんとしたNYの街。

何気なく時計を確認すると、既に午前9時過ぎをさしている。

NYの歌舞伎町、タイムズスクエアに到着するも、

電光掲示の看板は動いてるのに人っこ一人居ない!?

 

ええ、これって夢?!(`・ω・´) 

 

 

映画とほぼ同じ時期に、レディオヘッドのキッドAは繰り返し聴いてたアルバム。

特に、使われていたこの曲は仏教のお経のようなイメージ。

中学生の頃に散々プログレ系のロック聴いてた耳には、意外と耳馴染みがヨカッタ。

 

訳詞では「すべてのモノをあるべき場所へ」の繰り返し。

お片付けの歌か?って一瞬思ったけど、

これがね、なんだか深いんですよ。

 

ディビッド(トム・クルーズ)は、顔の修復よりも大事なモノを見失ったし、

所詮、「あなたが思うあなた自身は幻に過ぎない」。

何だか、仏教の悟りの世界へようこそ的な。

 

 

 

 

 

同じ曲が別のにも使われています。

有名な「シェイクスピア別人説」を元につくられた映画。

アノニマス、詠み人知らずというか作者不明という意味なのに、

日本語だけで検索すると例のハッカー集団ばかり出てくる。

日本公開は2012年、邦題は「もう一人のシェイクスピア」

 

 

 

シェイクスピアにゴーストライターのような人間が居たのではないかという、仮説をもとにした時代物語。

 同じ曲なのに、これもすごく合ってた。

そして、最初のシーンが空撮で始まるのも何か近いイメージ。

 

どっちの映画も、

「それを観た人が解釈するべき」

というものが、この曲に強く託されている気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

【年末年始画報】

0a.png 0.png

 

 

0d.png  0b.png

 

 

0c.png  0cc.png

ちなみに、ミスドのココナツチョコレート初めて食べたけどオイシカッタ。

そして、「モーガンフリーマン・画像」で検索すると本当にこの入れ替わり画像が出ました。

 

何気なく、ネルソン・マンデラとか

アナン事務総長が混入してるのもツボでした。(* ̄ω ̄)

 

 


nice!(103) 

nice! 103

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。