So-net無料ブログ作成

La vie qui est un gâteau [お出かけ風景]

0-0-0-0--.jpg

夜のとばりが上がる頃、「垂絹」がオトメ色の日に遭遇。(〃ω〃)

 


【アパルトマンの窓から空模様観賞

夜が明けるのが遅いのもあるけど、

日がまだ昇らないうちにいつも起きちゃう日々でした。

 

--0-0.jpg --0-.jpg 

星がひとつ残る夜明け。  スッと微かに白く線が引かれ、流れ星!?って思ったら、飛行機雲だった。

左手は東、ロワシー(シャルルドゴール)から飛んできてるのかも。

スペイン方面?それともアメリカ方面?

上空右上に消えて行く、超小さく見える機体をじーっと見送る私。

 

 

 

 

0-0aaa.jpg

蒼い夜と朝焼け色が混じって、すみれ色から茜色のグラデーションの空。

そこに、飛行機雲が作り出す白いラインがキレイ。

 

 

 

0-0-0-0-.jpg

正面左手奥が明るくなってきて、いよいよ日が昇る様子になってきた。

オトメ色のパープルピンクや茜色が薄くなったかと思ったら、オレンジ色が光ってくる。

 

 

 

0-0-0-a.jpg

いくつも走り書きのように残った飛行機雲は、格子のような柄だったりするも、

見とれているとグズグズの長い雲になって空に溶け込んでゆく。

 

真ん中辺よりちょっと右の空、

レンズが汚れてたのかなーと思ったら、うっすら鳥さんの姿でした。

 

 

 

0-00.jpg

さらに、ぼーっと見てたら、白い花のブーケのような雲が空にいくつも。

空に白い小さい花が散らばってて、ふわふわなんか心地いい。

 

 

空は世界中どこにでもあるけど、

キノコのような土管のような突起物のイッパイ乗っかった屋根越しの空は別格でした。

 

 

 

 

 


 

 

【ケーキたちよ、アンガトー お菓子な人生】

ボンヌママン賛美、どこまで行ったっけ?

ダブったらごめんなさい。

とりあえず最終結果をば。(つω`*)

 

0-2e.jpg 0-2f.jpg

ババ・オ・ラム。ラム酒を吸わせた古典的ガトー。   ですが、これがラム酒が効きまくってむせ返るほど。

オトナサマ過ぎる味付けだったので、ちょっと点数控えめでした。

 

 

0-2g.jpg 0-2h.jpg

おつむてんてんもわもわのモカ。見た目よりうんとんマイ♡  ほぼ完食間近のフォレノワール、黒い森のケーキ。

フォレノワールは、ちゃんとブラックチェリーの煮たものが入ってて、ソースの酸味も爽やか。

 

 

0-3.jpg 0-2.jpg

タルトタタンも美味しかったけど、      やっぱりこの二つが双璧。ボンヌママンあなどれぬ味でした。

日本でもこのシリーズ扱って欲しい!

ジャムとかクッキーだけってヒジョーに惜しいです!

 

しかし、そのフツーのクッキーなども意外と美味しくて、ボンヌママン見直しちゃいました。

キャラメルとチョコレートの層になってるお菓子に一時期ちょっとハマりました

暑い時期は全然食べる気なかったけど、涼しくなってきたので食指がそろそろ動きそう。(つω`*)



 

 

 

そうそう、

ケーキはフランス語で、ガトーですが冠詞を付けるので頭に一個ならunが付きます。

これが日本語の、「あんがとー(ありがとー)」に聞こえてしまう。

講師が男性かつ真面目ぽい人だと、すんごいむふふって感じになる。(* ̄ω ̄)

 

 

 

0-2c.jpg 0-1a.jpg

甘いものの後にショッパイ系など。カラフルポテチ、美味しかった!  緑茶はやっぱ必須でした。

 

 

 

 

でも、やっぱりこれからの季節、温かいカフェかな。

 

 

 

そういえば、

セルジュゲンズブールの4枚組、フナックで買ってきました。

0-000.jpg 

顔は年齢重ねたほうがスキなんですが、アーティストとしては前期がイイです。

 

極めて私的な見解ですが、初期からブリジットバルドーくらいが面白い。

さらには、バーキンと出逢う前かギリギリ出逢った頃までがピークかな。

最後はなんだか、ジャマイカ色に染まってレエゲ三昧してした彼。

若いころのアブラが乗りまくってる時は顔がアクが強すぎたけど、

年が行ったら行ったで、色んな面でやりたい放題でエロいオヤジのイメージだけになっちゃった。

 

彼はそういうの自分で分かってたのかな。

「私は全てに成功したが、人生に失敗した」

そんなようなことを言ってたようです。

 

 


 

 

【さらにおまけのガトー】

0a.jpg 0-2b.jpg

ムスメの9月の誕生日に選んだいちごのケーキ、既視感ある!そう、モトネタは多分このラデュレのケーキ(2014年)。

町の小さなケーキ屋さんだけど、ミルフィーユが抜群に美味しくて、ウチはケーキ買うならここ。

マカロンのチッコイのが付いてるので、ちょっとお得感あります。

いちごとルバーブのムースに、ピスタチオのムース、中も本家に近い味で凝ってました。

 

 

 

 

それと、もう一丁。

お彼岸のおはぎもスイーツの一種かな?!

おはぎ(秋のお彼岸)2016です。(`・ω・´)

0c.jpg 0b.jpg

OKマークを作った親指と人差し指の輪っかに乗るくらいの中身なのに、あんこ付けるとおおきくなっちゃう。

(ウチのおはぎ、もち米に黒米入ってるのでウッスラピンクのカタマリになってます。)

これもライスケーキ?きなこと黒ゴマも、中身にあんこ入ってるから、あんこボール?

どっちにしても甘いから、やっぱりスイーツだよね。

 

 

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」っていうのに、

今年は秋のお彼岸過ぎても10月入っても暑い日が何日も。

はなちゃんがやっと暑さから解放されて本格的にほっとしました。

段々、昔からの言い回しが使えなくなっちゃうと思うと、別のいい方考えないとでしょーか。

 

今日は、二十四節気の「寒露」。

ていうか、暑いの後は急に寒い?!

年々この、心地いい季節がどんどんそぎ落とされていく感は、何?(*-ω-)

 

 

 


nice!(116) 

nice! 116

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。