So-net無料ブログ作成
検索選択

愛の重み [お出かけ風景]

0-0o.jpg

「愛の重み」で崩壊してしまう前に・・・。 

 



【意外と「撤去が早かったで賞」】

今年も早5日目。

なんと365÷5=73ということで、一年の73分の一が過ぎようとしてます。(`・ω・´)

今日から仕事始めですが、何気にパリ記事の続きを。

 

 

0-0jj.jpg

今回もここで寛ぐ人影を発見。 

いつも、この突端(シテ島)に行って佇んでみたいと思うのだけど、

 

 

 

実際、ここに来てみれば、

見える景色は多分ここ。

 

0-0nnn.jpg

シテ島から見えるのはきっとこの、ポンデザール。

 

あの南京錠がギッシリ付いた橋の欄干も、あまりの重さで2015年6月、橋の浮いた場所は全て撤去。

撤去した後の欄干が何だかポップすぎて。

落書き風味、まるでセルジュゲンズブールの家の壁みたい。

 

 

0-0nn.jpg 

端っこのこんな場所だけが、当時の面影残してます。

 

00-00.jpg

ポンデザールは木の橋、車は通れません。

マジマジ見ると、木の隙間から下を流れるセーヌが見えます。

オマケにこんな隙間に、ワタクシの「好物」の苔がこっそりと♡

 

 

0-00-000.jpg 00-0-00.jpg

やっぱり何か浮いてるこのピンク色。  橋にベンチとかあってゆっくりしてみると、まるで橋じゃーない景色です。

左岸正面にある建物は、フランス芸術アカデミー。

この二枚でわかるように、ピンク欄干は外側だけ。

 

 

 

 

0-0n.jpg

「愛の重み」が残るのは、橋に負荷が直接かからないこんな端っこの手すり部分。

これほどのモノがぶら下がったままじゃー、そりゃー重かったことでしょう

 

 

遠景ですが、ポンヌフの袂にあるサマリテーヌ百貨店、まだ工事中。

2005年に安全基準を満たすための工事にはいったまんま、未だ工事中。

レ・アールの建物といい、サマリテーヌ百貨店といい、パリの工事期間は長いのが常識?!

しかし、そんななか、意外と早くに撤去をやってしまったポンデザール。

個人的には、奇跡の域に入れてしまいたくなりました。

 

 

南京錠が付いたまんまの様子を見たい方は、

下記をクリックしてハフィントンポストの記事を覗いてください。

確かに、45tはキツイわー(*‐ω-)

 

「愛の重み」で崩落の危機 パリ ポンデザール橋 南京錠45tを撤去

 


nice!(115) 

nice! 115

メッセージを送る