So-net無料ブログ作成
検索選択

拾い物と忘れ物 [お出かけ風景]

--0.jpg

ガラス越しに見える店内の照明のつぶつぶ感が、さらに美味しそうに見えちゃう。(* ̄ω ̄) 


【拾い物は出逢いモノ】

年が明けても、何気なく続くタビの記録です。(*-ω-)

 

 

この日は、ムスメと一緒にお散歩しました。

まずセーヌに出て、我らが貴婦人(Notre-Dame)にご挨拶です。

 

0--a.jpg

1880年代初期つくられたオー・ドゥーブル橋。当時卵一個ほどの通行料がかかったそう。

ぱっと見、木造に見えるけど鋳物製。赤みが素敵な味わい出してます。

 

 

0-0-0-.jpg

シテ島に渡り、その先、ルクレール将軍がパリ解放の際も渡ったといわれるアルコル橋を眺めていたら、

ブラスバンドの音とともにお馬さんが!

とにかく賑やかな音とお馬さんの足音がワクワク!

 

 

橋のこっちで気が付いたけど、渡りきるまで間に合う?!

0-0-.jpg

急いで走ったら、間に合った!人もあちこちから一杯集まってきてるけど、

丁度正面がオテルドヴィル(パリ市庁舎)で、なんかすごくカッコイイ!

 

 

0-0-a.jpg 0-0-aa.jpg

祝日だったこの日、何かイベントだったのかも。 お馬さんの後には、清掃車くんがゴシゴシサササと通るのがカワイイ。

 

 

 

この日この後は、

てくてく街中散歩。

0-0b-bb.jpg 0-0bb.jpg

どの建物もドアも気になる。                   ノッカーもそれぞれ個性的。

 

 

0-0bbb.jpg 0-0bbbb.jpg

マジマジ見ると、壁際にこんな「悪魔のツメ」みたいなのが。 デザインが違うけど、あちらのドアの両側にも。

 

これは、馬車時代の名残だそう。

車止めの一種で、馬車の車輪より外の部分で壁をキズ付けられるのを防ぐための防御柵の一種。

こういう「拾い物」はやっぱりタノシイ!

それぞれ各家デザインが違うので、気になってなかなか前に進みません。

 

 

 

そして、

この日の、特筆すべき「拾い物で落し物」は、

 

0-1ccc.jpg 0-1cc.jpg

このお店。                             ピスターシュ(ピスタチオ)のお菓子専門店?!

 

一瞬入ろうかって、考えたんだけど、

荷物もあったし、ちょびっと疲れていたし、

そんなに遠くないからまた来ればいいよね!

って、二人で相談して見送ったのに、

そのまま「忘れ物」になってしまいました。

 

今でも、あの「おこし」みたいなピスタチオのお菓子が脳裏に蘇ります。

あー、次回かぁ。

 

ていうか、

毎回何か絶対忘れ物するんだ。

他にもいろいろイッパイ。

んー、それが「タビ」?!

「いつかまた来ればいいさ」

自分の中の自分がそうつぶやいてた。

今回はテロ騒ぎだったから余計だけど、

「完結」しない「仕上がらない」のがきっと私のタビなんだろな。

またいつか「出逢えるコト」を信じて、サリュー。

 

 

 

 

 

 


 

【フロマージュフレ】

フランプリ(スーパー)で買ったデザート、

フロマージュフレを頂きます。

0-6.jpg 0-6a.jpg

二個セットの帯を外すと、カップに図説。水切りカゴ仕様!? アナーキー(穴あき)の入れ物をひっくり返してポン。

 

 

0-6b.jpg 0-6c.jpg

自分はサラッと何気なくかけちゃったけど、             ムスメはデコってた!(゚ω゚;)。

 うーん、

これはヤラレたー。(つω`*)

 

 

 

******************************************************************************************

超ワタクシゴトの超近況ですが、

右手の小指を痛くしておりまして、いつもに増してコメントできないご訪問となりそうです。

どうか、ご了承のほどを。(*-ω-)


nice!(140) 

nice! 140

メッセージを送る