So-net無料ブログ作成

Monsieur Umemoto [ひとりごと]

0-0w.jpg

お話を聞いているうちに、なんとなく憧れを抱いた人は、既に1年前に亡くなっていました。


【ムッシュに白いカスミソウ】

0-0c.jpg

オペラ座界隈、早朝のモリエール像。

0-1.jpg

駐禁マーク@サンルイ島の路地裏。

0-1a.jpg

ポンマリーからセーヌ川を望む。欄干の落書き、ハートマークがオチリぽい。

この橋の下を船で通るとき、

願い事をしながら隣の人にBiseビズ(頬にキス)すると、その夢が叶うという言い伝えがあります。

ただし、この「魔法」はたった一度だけ。

っていう、

いかにもな話も、パリでなら何となくアリ。

0-0b.jpg

パリ市役所近く、オテル・ド・ヴィル近辺の教会。

0-0.jpg

サンタンヌ通りからちょっと入った小さい路地の花屋さん。

この白いカスミソウを、梅本先生に。

*

*

*

*

【全ては食べものへの興味から】

学生時代にやったフレンチのレストランのアルバイト。

この延長から始めた仏語。

私のフランスへの愛は、全て食べものへの興味から始まっています。

数年後、仏語検定3級を取得。

知り合いの酒屋さんの娘さんがブルゴーニュにいたので、そのツテで何度かパリ&フランスへ。

彼女は仕事に使う為、アテネフランセで特訓したので現地で会ったらペラペラでした。

料理人を夢見たころもあったけど、(一時やったカフェ時代も挟む)

いつしか全く違う業界に入り気が付けば一昔(ひとむかし)×2くらい経ってました。

仏語は旅行のたびにカジったけど、その後はホッタラカシ。

去年の旅行前にも少しおさらいしたけど、やっぱり所詮付け焼刃。

非常にもどかしい思いをして帰国・・・。

そして、

去年の夏の終わりごろ知った、最近のICレコーダーの進化!

速攻購入して、まずはNHKの講座を何年ぶりかに聴くと、

こちらも随分進化を果たしててビックリ。

入門編はかつてのニオイぷんぷんだけど、応用編は全然違う。

しかも、それさえも2部門に分かれていて、3か月で入れ替わる。

梅本先生の講座は新年明けてからで、これが初めての出会いでした。

彼は、元々コピーライターをされていたけどその後、映画評論家になられたかた。

フランスで日本映画(昭和の名作が主)がこれほど評価されているとは驚きで、

小津安二郎や溝口健二、成瀬巳喜男などを改めて観たいと思ったものです。

エリック・ロメール、メルヴィル・プポー、サッシャ・ギトリ・・・

梅本先生が直接インタビューした録音が教材。

低音の声で洒落た話を交えてする講座は魅力的で、

ネイティブかと思ってしまうような流暢な発音も素晴らしく、

ひたすらカッコイイと思ったものでした。

ひと月ほど経ったころ、何となく梅本先生のことを調べたのですが、

驚くべき事実を知るのです。

なんと、梅本先生は2013年3月に亡くなっていたのです。

NHKの教材は、半年をワンクールとして、

4月~9月の教材を後半の10月~3月まで再使用する仕組みのようで、

昨年度用の教材を録音終了した去年の3月12日、

まさにこのNHKの打ち上げ後に倒れて帰らぬ人となったそうです。

享年60歳。

「人生なんて瞬きするぐらいの長さしかない」

そう言ったご本人が、まさに風のように去ってしまわれました。

亡くなられて既に時間は経ってしまっていますが、

心よりご冥福をお祈りします。

*

*

*

パリで撮った画像を眺めていたら、

なんとなく先生のイメージに合いそうな数枚を選んでいました。

ムッシュ梅本、

好きなものに情熱を注ぐというのは本当に素敵なことだと、

改めて思える日々をありがとうございました。

時間が取れたら、また小津安二郎やトリュフォーをじっくり観てみたいです。

そして、コツコツとですが仏語の勉強も続けていきたいと思います。

( ※梅本先生の教材は今年度もまた使われています。また暫くは録音して聞き続けるコトができそうです。 )


nice!(115) 

nice! 115

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。