So-net無料ブログ作成
検索選択

そわそわスコーン [お菓子Cafe Nicolas Gardenふう]

0-1.jpg

雪の明るさで焼き立てスコーンを眺めたくて、ずずっとテーブルを窓際に寄せてみる。まだこの時点では、「余裕でタノシイ優雅な午後三時」。


【そわそわスコーンそわそわサタデー】

土曜日はホントに雪がイッパイ降って、

なんだかそわそわ。

なんだろうこのそわそわは。

と、このとき詳しく考えなかったそわそわ。

 

 

そうだ、買ってあったカルピスバターをちゃんと仕舞わなくちゃ。

そわそわの原因はこれかな?

冷凍して仕舞うはずのバターが冷蔵庫でスタンバイ中。

 

 

 

 

0-2.jpg 0-2a.jpg

冷凍庫に入れる前に、小分け。ちょうどいいから使います。    80gを細かめの賽の目切り。

粉にチラホラ入ってる茶色いのは、小麦胚芽。

香ばしくなるので200gの小麦粉に少々。(小麦粉195g+小麦胚芽5g程度)

ベーキングパウダーは小匙2杯。

 

 

0-2b.jpg 0-2c.jpg

指先ですり潰す感じでほろほろに。            このときすり潰しをヤリスギナイとパイ風にハラハラに。

ミルクは120㏄だけど、まとまるのを目安に加減。

まとまった生地は、手粉を付けながら麺棒で伸してたたむ。

これを3回ほど繰り返して、つぶつぶがいくらか残るバターを平たくしておきます。

 

 

0-2d.jpg 0-2e.jpg

残ったミルクは飲んじゃいました。  冷蔵庫で暫く休ませた生地は、暑さ2㎝くらいに伸ばして型で抜きます。

 

 

0-2g.jpg 0-2j.jpg

200度のオーブンで12~15分焼いて出したトコ。   いちごは生が出回っているのでジャムじゃなくマリネ。

きび砂糖とはちみつ、それとレモン汁を合わせたなかにいちごを漬けておきます。

(いちご5粒くらいを刻んで、きび砂糖大匙2・はちみつ大匙1・レモン汁少々。)

時々かき混ぜて、お砂糖が融けて味が馴染んだら使います。

 

 

0-2h.jpg 0-2i.jpg

雪!って、そわそわしながらテーブルで盛り付け。   クロテッドクリームの上はフランスで買ったはちみつ。

フランス近郊のガティネというところの特産だそう。

白濁してるはちみつで、ローヤルゼリーとかプロポリスとかいろいろ混じってるみたい。

http://www.mielsvilleneuve.com/villeneuve.htm

 

 

 

 

雪景色見ながら食べたサクサクスコーンは、

クロテッドクリームのコク+はちみつのまろやかさ+いちごのフレッシュさ=何故かミルフィーユ!

濃いめのミルクティーも相性いいなー。

 

 

 

 

 

って、

ちょうど帰宅したムスメと一緒に、

呑気に食べて飲んでゆっくりしてたのは4時まで。

 

 

気が付けば、「大雪」の予報通り、

まだまだどんどんズンズン降り続いてる。

 

 

0-3a.jpg 0-3.jpg

ん?!ちょっと降りすぎじゃーないですか?   と、ここいらへんで「外に出て雪かきしなくちゃ!」と、気づく。

倉庫に入ってたあまり使ってない「雪かきスコップ」。

まだ買ったばかりのシールまで張り付いてた「雪かきスコップ」。

一応備えてあるだけで、飾りに等しかった「雪かきスコップ」。

 

 

0-3c.jpg 0-3b.jpg

うわ、スコーン食べた後にワッフル!?        ひゃー、何も乗っていないテーブルにてんこ盛りの雪!

 

 

 

家から一番近い気象台のデータが熊谷、

そこに43㎝とかあったので、ここもそのくらい積ったのかも・・・。(*ω* )

 

 

 

この後、夜中まで合計5回、

翌日も3回ほど雪かきしました。

我が家は畑、ウチ、母屋と道路沿い。

ここの合計が約100mあったりするので、結構な運動。

倉庫の飾りぽかった「雪かきスコップ」はこの2日ほどで相当こき使いました。

 

夜になってから気が付いたのは、畑の2畳ほどの広さのミニビニールハウスの上!

雪がしな垂れかかってハウス(素人ハウスですが)潰れちゃいそう!

慌てて長いホウキで払ったりを何度も何度も。

 

 

そして!

今日肩や腕がじわじわ筋肉痛です・・・。

もう、雪でヨロコブ場合じゃないのを痛感。

雪が降ってそわそわしてたのは、

この疲れを何気に予感してたのか・・・自分!?(≡ω≡ )

 

 


nice!(104) 

nice! 104

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。